記事作成の基本:初心者でも失敗しないアフィリエイト記事の書き方

アフィリエイトを始めるためにブログやサイトを立ち上げたら、とにかく早く記事が書いてみたい!

そんな方は少なくないと思います。

ただ、書きたいことを書くことと、相手が読みやすい記事かどうかは別物です。せっかく書いた記事が最後まで読んでもらえなければ意味がありません。

この記事はこんな方におすすめ !
  • わかりやすい記事作成の方法が知りたい
  • ブログを始めたばかりで書き方がわからない
  • 売れる記事が書けるようになりたい

この記事を読むことで、記事作成の基本がつかめると思います。

記事の書き方のコツが分かると記事作成のスピードも上がり作業効率もグッと上がるので参考にしてください。

目次

【記事作成の基本】記事作成で最も重要なこと

まず最初に、記事を書く時に1番大切なことをお伝えしておきます。

ここがわかっていないと、この先いくら勉強しても意味がありません。

伝える事は1つ!とても簡単です!

記事作成①:読者が知りたいことを書く

記事作成で大事なことは、「読者が知りたいことを書く」です。

自分の言いたいこと、具体性や客観性に欠けた情報を読者は求めていません。

読者が求めているのは常に「答え」です。

よく読者目線と言われますが読者の視点に立って読者の知りたいことを考えるのはすごく重要です。

そして、その読者目線に先読みを加えた文章が「読者の知りたい事」です。

例えば「オムライスの作り方」を知りたい読者にオムライスの作り方を書くのは当たり前です。

でも、オムライスの作り方にこんなワンポイントがあったらどうでしょう。

ワンポイントアドバイス
  • チキンライスはご飯より先にトマトケチャップを炒め香ばしさと風味がUPします。
  • 卵には水と油を加えることでフライパンにくっつきにくく、ふわふわに仕上がります。
  • 最後にフライパンでバターを溶かし火を止めて、トマトケチャップと水を少々加えて混ぜると、風味豊かで滑らかな特製ソースの出来上がりです!

と、ひと言付け加えるとどうでしょう。

そんな情報要らねー、、、とはならないとおもいます。

オムライスの作り方が知りたい人は、ひょっとしたらこんなことも知りたいんじゃないかな?

この読者が知りたいことの先読みが大事です。

いきなり最初からハードルが高いと思うかもしれませんが意識するだけで変わります。

「読者の本当に知りたいこと」を意識することで、だんだんと出来るようになり、そういった小さなことの積み重ねがあなたの記事に厚みがでて、ファンが増えていきます。

結果的に人を惹きつけるのはこういった小さなことの積み重ねです。

【記事作成の基本】記事を書く前の準備

記事作成の基本は、記事を書く前段階の準備が8割です。

ここが出来れば誰でも分かりやすい記事作成が可能です。

記事作成②:記事を読むターゲットを決める

記事を読むターゲットとなるユーザーを決めましょう。

例えばこの記事は

最近アフィリエイトを始めたけど、記事にまとまりが無く分かりにくい。記事作成の基本が知りたい人

という感じでターゲットを絞って作成しています。

YUPA

僕の場合は身近に実在する人物を1人ターゲットとして設定しています。

対象を複数から1人に絞ることで、結果的に同じような悩みを持つ人に刺さる記事になります。

記事作成③:キーワードを決める

次は設定したターゲットがどんなキーワードを使って記事にたどり着くか考えましょう。

ここでは、僕が設定したターゲットが検索エンジンにどんなキーワードで検索するのかを考えます。

記事作成 初心者 アフィリエイト」などです。

この検索するキーワードのことを「クリエ」と呼び、検索クリエなどと呼ばれます。

キーワード選定はSEO対策の基本で選んだキーワードにマッチする記事を書くことが重要です。

記事作成④:キーワードに沿ったタイトル作成をする

キーワード選定が終わったら、記事タイトルを作成しましょう。

この部分は、記事ができてから書き換えてもOKです。

ただ、重要なのは選択したキーワードがタイトルに含まれていることが重要です。

この記事であれば、記事作成や初心者と言ったキーワードがタイトルに含まれています。

Googleは記事を機械的に読み取り内容を理解しますが、タイトルにキーワードが含まれていない記事は上位表示できません。

タイトルで読者も記事内容を理解するように、Googleもタイトルと記事内容を合わせて理解します。

読者にもGoogleにもわかりやすい記事タイトルがおすすめです。

また、キーワードはタイトル前半に持ってくるのが効果的です。

  • オムライスの作り方!有名シェフ直伝の隠し味!
  • 有名シェフ直伝のオムライスの作り方!

なら、「オムライス 作り方」で検索した時間違いなく前者の方が表示されやすいです。

タイトルを決めるのに時間がかかりそうな場合は記事を書いてからタイトルを付けても大丈夫です!

記事作成⑤:記事のゴールを決める

記事を書く時は記事のゴールを決めておきましょう。

この記事なら僕が実際に記事作成の時に使っているテクニックや構成をわかりやすく伝えることです。

ゴールは「読んでいる人が記事作成の基本を理解して、記事作成に対する不安がなくなること」です。

ゴールを設定せずに記事を書き進めると、話にまとまりがなくダラダラした記事になってしまいます。

記事作成⑥:記事を書く前に記事構成を決める

記事をいきなり書き始めるのはNGです。

いきなり記事を書き始めると途中から伝えたいことがブレやすくなります。

ついつい途中であれもこれもと本来その記事に必要の無い内容まで書いてしまうと、まとまりの無い記事になってしまいます。

そのため、記事を書く人のほとんどが、記事を作成する前に構成を決めています。

構成を作り込むことで、伝えたい情報をまとめやすく、読みやすい記事になり、結果的に時間も短縮できます。

また、構成を作っておくことで、記事途中で話のズレが少なく、文章作成が苦手な人でも書きやすくなります。

下記の本は、僕が最近買った本でイチ押しです。

数ある文章術ベストセラーの良いとこ取りして一冊にまとめられています。僕が要約している記事内容もより詳しく書かれています。

次章で詳しい記事本文の書き方を解説します。

【記事作成の基本】記事本文の書き方

実際に僕が使っている構成を元に解説します。記事作成の構成はとてもシンプルです。

初心者でも簡単に使えて日常でも応用して使える方法なので覚えてください。

記事作成⑦:記事構成の作成方法

記事の作成に使う構成は以下の通りです。

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論(Point)

これが僕も実際によく使っている構成です。

それぞれの段階の頭文字をとって「PREP法(プレップ法)」と呼ばれます。

記事作成だけに使われる方法ではなく、プレゼンテーションや自己紹介、商品説明などあらゆる場所で使えるテクニックです。

結論⇨理由⇨具体例⇨結論の順番で話を展開するだけで、要点をつかんだわかりやすい文章になります。

YUPA

こんな感じで使います。

結論

PSEP法という記事構成のテンプレートを使うと、誰でも簡単に説得力のある文章が書けるようになります。

理由

なぜなら、PREP法は穴埋め式テンプレートに文章を当てはめるだけで整った文章になるからです。

具体例

文章の作成が苦手な人は、どの順番で何から伝えればいいのかを知りません。PREP法を使うことで、結論・理由・具体例の3つをテンプレートに当てはめるだけでわかりやすい文章構成ができ上がります。

結論

したがって、文章を書くのが苦手な初心者の方はPREP法という文章構成の方法を使うことで、簡単に簡潔でまとまりのある記事作成が可能になります。

複数の事を説明するときも同じです。

  1. 商品説明A(2500文字)
    • 結論⇨理由⇨具体例⇨結論
  2. 商品説明B(2500文字)
    • 結論⇨理由⇨具体例⇨結論
  3. 商品説明C(2500文字)
    • 結論⇨理由⇨具体例⇨結論
  4. 商品説明【まとめ】(500文字)

のようにして記事構成群を作り1つの記事にします。

記事作成⑧:リード文は記事内容をコンパクトにまとめる

リード文は読者が最初に目にする文章で、サイトやブログの中で最も重要な文章です。

リード文には読者の求める情報(答え)が記事に含まれているのかどうかを、判断する文章で、ここで読者の心をつかむことが大切です。

そして、このリード文にもPREP法が使えます。

  • 結論
  • 理由
  • 具体例
  • 結論

ですが、このままでは読者の共感をえるリード文が描きにくいと思います。

そこで、以下のように少し具体的にしてみましょう。

  • 結論 = 読者の問題
  • 理由 = 解決策を提示
  • 具体例 = 解決策の根拠
  • 結論 = 読者の行動

リード文で大事なのは、読者の問題を理解し、解決策を伝えることが重要です。

また、その解決策がなぜ正しいのかを理解してもらい、記事本文を読んでもらえます。

読者が記事に訪れて、直ぐに離脱する原因のほとんどが、このリード文です。

それでは先程のPREP法に照らし合わせて実際に作ってみましょう。

結論 = 問題の提起
  • 記事作成が上手くなりたい。
  • まとまりのある記事が書きたい。
  • 売れる記事が書けるようになりたい。

アフィリエイトをしているけどなかなか成約に結びつかないと悩んでませんか?

理由 = 結果の明示

売れる記事や読まれる記事に必要なのは記事構成です。

正しい記事構成を覚えれば、誰でも、そう!初心者でも売れる記事を書くことができます。

初心者が分かりやすい記事を書く構成は「PREP法」です。

具体例 = 結果の根拠

僕はこのPREP法を使うようになって、ブログの離脱率も下がり、アフィリエイトの成約率も上がりました。

さらに記事作成のスピードも以前とは比べものにならないくらい早くなりました。

結論 = 読者の行動

この記事では僕も使っているPREP法とPREP法を応用したオリジナルの記事構成の詳しい手法を全て公開しています。

初心者の方でも簡単に使えるので参考にしてください。

解説用に少し削っていますが、それでも記事の内容は理解しやすいと思います。

リード文は300文字から500文字くらいで書くようにしています。

長さに決まりはありませんが、長くても600文字くらいだと思います。

PREP法は就活やプレゼン・自己紹介など色々な場面で使えます。

結論⇨理由⇨具体例⇨結論は使いやすい記事作成のフレームワークの1つです。

また、文字数が少し足りない場合などは結論⇨理由具体例具体例⇨結論のように増やして使ったりもします。

慣れてくれば色々応用できるので試してみましょう!

  • 記事の結論や問題を書く
  • 結論に対する理由を書く
  • 理由に対する具体例を書く
  • 最後にもう一度結論を書く

【記事作成の基本】文章を書く時の注意点

記事構成を覚えたら、記事を書く時に気を付けておく注意点がいくつかあります。

当たり前のことですが、大事なことなので頭の片隅にでも置いておきましょう!

記事作成⑨:文章は簡潔に書く

ここはすごく大事です。

ついつい文字数を稼ごうと、やってしまいがちですが止めたほうがいいです。

【変更前】

このサイトで紹介している記事作成法を読むことで記事の書き方の基本的な知識は全て学ぶことが可能です!

【変更後】

この記事では記事作成の基本が全て学べます。

変更後はかなり文字数が減りますが言ってることは一緒です。

文章は長く書くほうが、実は簡単なんです。

YUPA

要約してまとめるほうが難しいです。

文字数を増やしたいときは、言い回しで増やすのではなく「キーワードに関係する内容」を追加しましょう。

記事作成⑩:難しい表現方法はNG

記事作成ではなるべく難しい表現や言葉を使うのはNGです。

あなたにとって当たり前の言葉でも、読者にとって当たり前とは限りません。

これはあなたが想定しているターゲット設定によっても変わります。

分かりやすくしすぎると、回りくどく感じてしまい、難しすぎると読者は離脱します。

専門用語などには、補助解説を付けるなどしてターゲットに合わせた記事を書きましょう。

YUPA

専門用語が多いと離脱する読者はおおいです。

記事作成⑪:「です・ます・だ・である」の使い分け

文末の語尾などは「です・ます」調と「だ・である」調があります。

  1. 「です・ます」調 = 敬語(敬体)
    • 敬体には柔らかい印象があり、読み手に優しい文章。
  2. 「だ・である」調 = 常用語(常体)
    • 常体は堅苦しい印象があり、断定することでより強い感情を与える文章

ブログやサイトのテーマにもよりますが、「です・ます」調に統一するのがおすすめです。

一般的な使い分け

です・ます調
  • 解説文・説明文
  • 文章
  • ビジネス書
だ・である調
  • ニュース記事
  • 感想文
  • 小説
  • 雑記(雑誌)
  • 論文(卒論)
  • レポート(報告書)

一つの文章に混同してしまうと読みにくくなるので、どちらかに統一するのがおすすめです。

どちらの文体でも使える媒体

  • 個人ブログ
  • 体験談・レビュー

記事作成⑫:ひらがな・漢字・カタカナの割合を整える

記事を書くときは、ひらがな、漢字、カタカナ、の割合も大切です。

ひらがな・カタカナばかりの文章は読みづらく、漢字ばかりだと堅すぎて難しそうにみえ拒絶されます。

例えばよく使う言葉

誰でも簡単に出来ます。

誰でも簡単にできます。

同じ言葉でも違ってみえます。

文章にはそれぞれの割合に黄金比があります。

ひらがな・漢字・カタカナの黄金比

ひらがな7割、漢字2割、カタカナ1割、カタカナが入らない文章はひらがな7割、漢字3割と言われています。

これは書籍や新聞などでも使われている黄金比です。

記事作成⑬:その他の記事の書き方テクニック

ここで紹介した意外にも記事の書き方のテクニックはたくさんあります。

僕が意識していることを簡単にまとめておきます。

  • 1文がの文字数を40〜80文字に収める
  • です。です。です。など語尾を連続させない
  • スマホを意識して2〜3行で改行を意識する。
  • 小学生でも読める文章を心がける
  • 見出しにもキーワードを入れる

【記事作成の基本】記事が完成してからすること

記事を書き慣れていない頃は、記事を書いて終わりと思ってしまいますが、実は記事は書き終わってからがスタートです。

一発で完璧な文章を書き上げることが出来る人はかなり少ないです。

記事作成⑭:時間が経ってから記事を読み返してみる

記事を書き上げると、直ぐにアップロードしたくなると思います。

書いてすぐは完璧に思える記事も時間が経ってから読み返すと、「あれ?ここちょっとおかしいな」みたいなことが結構あります。

YUPA

僕なんてしょっちゅうあります。

記事を書いてから、一度頭をリセットして読み返すと書いている時は気が付かない修正点が見つけやすいです。

理想は次の日に見返すのがおすすめです。

また、記事はアップロードしたら定期的にリライトすることをおすすめします。

記事作成の基本【まとめ】

この記事ではアフィリエイト初心者の方でも簡単にまとまりのある記事の書き方について解説しました。

もう一度まとめておきます。

  1. 読者が知りたいことを書く
  2. 記事を読むターゲットを決める
  3. キーワードを決める
  4. キーワードに沿ったタイトル作成をする
  5. 記事のゴールを決める
  6. 記事を書く前に記事構成を決める
  7. 記事構成の作成方法
  8. リード文は記事内容をコンパクトにまとめる
  9. 文章は簡潔に書く
  10. 難しい表現方法はNG
  11. 「です・ます・だ・である」の使い分け
  12. ひらがな・漢字・カタカナの割合を整える
  13. 時間が経ってから記事を読み返してみる

この中で大事なことは、冒頭でお伝えした、「読者の知りたいことを書く」です。

記事作成で大事なことは、検索キーワードで訪れた読者の知りたいことを的確に伝えることです。

YUPA

10,000文字の答えの無い記事より、1,000文字でも答えが有る記事の方が読者には有益です。

文章は何度も書いていけば必ず上達します。

しかしキーワードと内容のズレは意識が必要です。

この記事を参考に記事作成のスキルを磨いでください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この本一冊でライティングのテクニックは全て網羅できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる